『転勤族の美容室探しを応援するシービスケット』

「地域による美容師の格差技術をどう補うか?」

美容師の技術の善し悪しはけして、都会だからとか田舎だからとかだけでは計り知れません。都会にもこれは訴訟もんでしょうっていう技術の美容師も居れば、私の田舎の飛騨高山のような山奥にもこの人凄いかもって美容師もいます。

技術の水準決めるのは2つしかないと私は感じています。

・技術を学んだ環境

・そして、感性などの評価判断に関する印象の内包的な意味を知覚する能力と言える。)

それ以上でもそれ以下でもありません。

これは私が20年に及ぶ美容人生で感じた紛れも無い事実です。私は静岡市という幸いにも東京に近い地方都市で美容師をしている加減もあってか、 有名、カリスマ?などと呼ばれる美容師のカット後のお客様を20人弱担当した経験があります。現実はほとんどがたいしたことがないのが率直な感想です。その人達に欠けているのは、おそらく感性でしょう、何故なら一流店と呼ばれる場所で学び、その恩恵をうけているにも関わらず数カ月経ったその髪からは自分本位な印象しか受けなかったからです。

何を持ってカットが上手い、腕がいいという基準、ボーダラインは存在しませんが、最終的にそう決めるのはお客様でありその方の周りの方達の評価ではないかと思います。

 

 

 

転勤がない方達は美容室を変えるタイミングは自由なわけです、当然気に入らない事があれば次はその美容室には行かないという選択肢が自由にできます。一方で転勤族の方は前者と同様なタイミングもありながら、気に入っている美容室をご自分の意志とは関係なく去らなければならないのです。

この事をお客様が転勤族であった場合に担当する美容師はわかっているのか、いないのかは大きな違いです、この地域のオススメのパン屋さんはここだの話してりる前に、その部分をもっとわかっていれば、私が申上げている次の転勤先での良い美容室探しを率先して行えるし、レシピなども用意できるという気持ちに到達するのです。

転勤族の方は新たな地域に行けばまたゼロからの美容室探しが始まり、ゼロからの髪型のオーダーが始まるのです。だからレシピをお客様にお渡しし、美容室探しに協力して差し上げるべきなのです、そうすれば都会だろうが田舎だろうがお客様は少しの安心を得られるのです。

私は転勤族の方のみを対象に商売をしているわけではありませんが、よそ者の苦労をわかるだけに美容師として出来ることを全国の美容師の方達にも広めたいと思うのです。