【手作りだからこそ髪型には美容師の心が表れるもの】

 

最近読んだ本の中に

奇妙な本がありました。

 

『レモンケーキの独特な寂しさ』

 

という物語です。

 

 

 

この物語に登場する主人公の少女は

特殊な能力を持っており、料理を食べるとその料理を

作った人の気持ちが具体的にわかってしまうという

フィクション作品です。

 

しかしその類の体験は物語の少女ほどではないにしろ

私達の現実の世界でもあることではないでしょうか?

 

ここでは美容に限った観点で考えてみましょう

 

「なんかいつもとカットの感じが違う?」

 

「なんかいつもより雑な感じがする」

 

こういった美容師への不信感は自宅に帰ってから

湧き出てくるものではなく、ほとんどの場合

美容室での滞在中に込み上げてくるもの。

 

なぜなら、髪に触れる美容師の手からお客様は

感じるから。

 

特殊な能力がなくても感じるから。

 

これは美容師のお客様に対してのおごりであり

甘えであり、人としての未熟さです。

 

作品に息吹を吹き込むという言葉があるように

作り手の心が表れるのは髪型も同じこと。

 

お客様は、美容師に期待しているのです

しかも、毎回、毎回。

 

だから、いつもはさみを持つ指先に熱を込めるのです

 

もしかしたら、私のような美容師は重い、うざい

のかもしれませんが、それが私のやり方であり

ヘアスタイルというデザインを通し

小さいながらも幸せを届けているのだと思っています。

 

ある有名な建築家の方が言っていました。

 

『デザインとは、人の役に立たなければいけない』

 

デザインとは人の心を癒す、満たすという社会の役割を

担っているのだという意味合いではないでしょうか。

 

一人のお客様のヘアスタイルを

担当させて頂ける時間は永遠ではありません

何故なら、美容師として現役で居られるには

限界があります。

 

先日、サッカー界では現役最年長記録50歳を

三浦知良選手が樹立しました。

 

「ゴールを決めたいと思はなくなった時が引退する時」

 

キングカズはそう言っていました。

 

 

 

私はたかだか街の一美容師にすぎませんが

熱を持ってカットを出来なくなった時が

引退する時なのだろうとキングカズのコメントを

聞き思いました。

 

私が50歳になるまでにあと数年ありますが

その時に今の気持ちを持ち続けていたい

そう願う、今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【50代の髪質の変化は誠実に向き合うべし】

『50代の美容室』

 

 

50代という年齢は

毛髪サイクルの乱れがほとんどの女性達に

現れてくる年頃です

 

現象としてフェイスライン、トップに

5~6センチの短い髪が常にある

またその髪が伸びてこない

髪を乾かすと髪が毎回抜ける

これらの原因は

ホルモンバランスの乱れによるものです

 

男性ホルモンが優位になることにより

そのような現象がおきますが

対策としては経年変化に対応した

シャンプー、トリートメント、スカルプエッセンス

などを根気よく使用する事により

進行を遅らせることです

 

 

 

50代とはそういった目に見える変化に伴い

白髪の問題など美容室へ足を運ぶ目的

髪型に対する意識が変わってくる年齢と言えます

 

また美容室、美容師に対して期待するものも

20代、30代の頃とは随分と

変わってきていると思います

 

言うなれば格段に経験値が違う50代にとって

自分達に同等する経験値を美容師にも求める時代に

突入したと言えるのではないでしょうか?

 

 

私が日々のサロンワークの中で感じることは

50代女性の髪は非常にデリケートなものです

 

しかも50代前半と半ば、後半とでは

2~3年のスパンで大きく髪の状態が変化していきます

具体的な部分に関してはコメントを控えますが

大げさではなく日々変化していく髪に

どう対応していくかです

特にミディアムヘア、ロングヘアの方に

お伝えしてしたいのは

「私の髪はこんなものかな」

という今のコンディションを

当たり前と思わないでいただきたいです

 

何故ならば先ほども述べましたが

50代の髪は非常にデリケートなのです

 

ヘアカラー、パーマなどのケミカルな技術を

美容師が適切に行っていれば

同じ50代の髪でも格段につや、手触りが

変わってきます

 

「いや、私は毎回美容室ではトリートメントも

してるし、オーガニックカラーだし…」

という声が聞こえてきそうですが

そうではなく今以上になることができるのです

 

もしもあなたの髪を委ねていただけるなら

半年後、1年後には

あなたの周りの方の評価

あなたが鏡の前で得ることの出来る優越感を

お約束できると思います

 

美容室、美容師を変える最後のチャンスかもしれません

少しだけ勇気が必要だったり

めんどくさいことだったりするかもしれませんが

「私の髪はこんなものかな」

と諦めないでください

【40代女子が感じる美容室の品質の巻】

40代の女性を『40代女子』と呼ぶようになって

どのくらいの時間が経つのかわかりませんが

40代であっても気持ちは女の子なのですよ

という表現なんでしょうね

 

ですが、女子といっても子供ではない…

40代女子はモノの良し悪しの判断力、先見の目は

確かなものかと日々の美容師という

立場を通して感じます

 

先日もこんな会話がありました(40代専業主婦)

某衣服メーカーの品質が最近落ちたと感じる

「毎年ユ〇〇ロの〇〇ースを買っているけど

生地が薄くなってる」

 

もはやどのような製品も

コストダウンが当たり前の世の中

 

 

価格は同じなのに…

餃子の大きさが小さくなった

価格は上がったのに…

モデルチェンジ前の車の方がしっかりしていた

価格は上がったのに…

故障が多くなった掃除機

私が日常感じることです

 

では美容界ではどうか?

  • 品質(髪型のクオリティ)はここ15年ほどで低下
  • サービスなどのソフト面は向上
  • 価格は低下し続けている

あなたなら、この状況どう分析しますか?

値段は安いのにサービスは充実している

だけど肝心の髪型はイマイチ!

こういった現状が続くと

『美容室なんてこんなもん…』

となってしまう

だから期待もしないし、期待度が高い人は

東京とかにいってしまう

 

美容室が提供する商品とは

美容室での快適な時間

あなたが日常を気持ちよく過ごせるヘアスタイル

そこを高めることが美容室の品質なのです

 

40代女性達は多くの経験を糧に

良質な情報をお持ちです

今一度、美容室に美容師に的確なジャッチを下し

ご判断ください

 

 

 

 

 

【パーマをかけられる資格 美容師免許の意味】II

 

先日こんなことがありました

 

70代のお客様が久しぶりにパーマをかけたいと

ご予約をくださりました

 

このお客様のご家族の方は

私が担当させて頂いているのですが

ご予約を頂いてから数日後

ご家族の方からお電話がありました

 

「おばあちゃんがパーマの予約をしたと思うのですが…」

 

『はい、承っております』

 

「パーマをかけたいというのを止めてください」

 

というお電話でした

 

なぜか?

このご婦人の髪はとても細いためパーマをかけたのでは

チリチリパーマになってしまうというご心配からでした

 

周りの方が心配するくらい髪が細いのですですが

『次回はパーマをかけましょうね』と

ご提案したのは何を隠そう

この私小谷直樹なわけですから

止めれるはずがありません

 

そもそもパーマをオススメした理由とは

このお客様の悩みを解決するには

パーマが必要だったからです

 

具体的にはトップがつぶれてしまう

耳上の髪が直毛のため反り返ってしまう

(この部分は短くしなければ反り返りはしないのですが、

ご本人が短いのがお好きなため起こる現象)

という問題を抱えていらっしゃいました

 

私はこのお客様に初めて

パーマをかけさせて頂いたのですが

「パーマで悩みは解決できますよ」と

お話しさせて頂いた時には

「パーマをかけて良かった試しがない」と

おっしゃっていました

 

なぜそうおっしゃった方が

ご予約をされるまでの経緯に至ったのか?

 

についてのやり取りについては控えますが

結果はノープロブレムでした

 

『あなたパーマ巻くのすごい早いね』

『本当に30分で終わったね』

『今までのパーマの時間の長さはなんでだったのかな』

『いい!いい!』

『小谷さんこの感じ覚えといて』

こんな歓喜の声をいただきました

 

私が一番嬉しかったお言葉は

『あなたパーマ巻くのすごい早いね』

でした

何故ならば今回のパーマが成功するのは

わかっていたことですから

だって作者ですから