【50代の髪質の変化は誠実に向き合うべし】

『50代の美容室』

 

 

50代という年齢は

毛髪サイクルの乱れがほとんどの女性達に

現れてくる年頃です

 

現象としてフェイスライン、トップに

5~6センチの短い髪が常にある

またその髪が伸びてこない

髪を乾かすと髪が毎回抜ける

これらの原因は

ホルモンバランスの乱れによるものです

 

男性ホルモンが優位になることにより

そのような現象がおきますが

対策としては経年変化に対応した

シャンプー、トリートメント、スカルプエッセンス

などを根気よく使用する事により

進行を遅らせることです

 

 

 

50代とはそういった目に見える変化に伴い

白髪の問題など美容室へ足を運ぶ目的

髪型に対する意識が変わってくる年齢と言えます

 

また美容室、美容師に対して期待するものも

20代、30代の頃とは随分と

変わってきていると思います

 

言うなれば格段に経験値が違う50代にとって

自分達に同等する経験値を美容師にも求める時代に

突入したと言えるのではないでしょうか?

 

 

私が日々のサロンワークの中で感じることは

50代女性の髪は非常にデリケートなものです

 

しかも50代前半と半ば、後半とでは

2~3年のスパンで大きく髪の状態が変化していきます

具体的な部分に関してはコメントを控えますが

大げさではなく日々変化していく髪に

どう対応していくかです

特にミディアムヘア、ロングヘアの方に

お伝えしてしたいのは

「私の髪はこんなものかな」

という今のコンディションを

当たり前と思わないでいただきたいです

 

何故ならば先ほども述べましたが

50代の髪は非常にデリケートなのです

 

ヘアカラー、パーマなどのケミカルな技術を

美容師が適切に行っていれば

同じ50代の髪でも格段につや、手触りが

変わってきます

 

「いや、私は毎回美容室ではトリートメントも

してるし、オーガニックカラーだし…」

という声が聞こえてきそうですが

そうではなく今以上になることができるのです

 

もしもあなたの髪を委ねていただけるなら

半年後、1年後には

あなたの周りの方の評価

あなたが鏡の前で得ることの出来る優越感を

お約束できると思います

 

美容室、美容師を変える最後のチャンスかもしれません

少しだけ勇気が必要だったり

めんどくさいことだったりするかもしれませんが

「私の髪はこんなものかな」

と諦めないでください