【カットが安い美容室静岡市…と検索したら…】

 

美容室に限らず世の中の価格と内容が必ずしも一致して

いるものばかりではないでしょうが

『安かろう悪かろう』

 

ということわざが物語っているように

価格が一つの物差しになっていることは

否めないのではないでしょうか?

 

安さのみを望んでいるのでしたら

ここから先は読んでも何の特にもならないでしょうから

そんな方は…さようなら

 

 

 

さて、まだ読んでくれているあなた

ここからは、価値のあるカットについて

お話しさせていただきます

 

まずカットがあまり上手でない美容師の特徴として

こんな傾向があります

 

・髪をスイてる時間が長い

・ブローしてからのカット時間が長い

・左腕が床に平行でない(右利きの場合)

・6月と12月にストレートパーマをすすめてくる

 

一方、カットが本当にうまい美容師はこんな特徴が

あります

 

・基本姿勢としてデザインで勝負している

・カット中はデザインに必要なことを中心に話しをする

・オーダーを瞬時に理解するからカウンセリングが早い

・そこそこのハネならカットで落ち着けることができる

 

 

美容師という職業は当然、髪をカットします

ところが日常的に髪を触っていると‥

お客様の髪という認識から、自分が扱っている

髪という感覚になるケースが非常に多く見受けられます

 

典型的な場面が、お客様の髪をなんの断りもなく触る

しかもいきなり!

特にカウンセリン中に無駄に髪を触りながら話しをする

 

そんな美容師に限って、カット中は乱暴な手さばきを

渾身のカッコ付けにて披露しがちです

 

美容師にはエンターテインメント性は望まれると私は

考えますが、パフォーマーではありません

 

そんなことを期待していない証拠にあなたは

カット中に雑誌を読んでいませんか?

 

美容師の役目は

『髪を通し、人に気持ちいを届ける』

それ以上でもそれ以下でもありません

 

ですから本当に心からカットが好きでなくては

なりません

 

好きだから根拠も生まれる

 

好きだから他の美容師が口にしないようなことも伝える

 

好きだからアイディアや工夫が生まれる

 

『好きこそ物の上手なれ』

 

とは本当のことだと思います